会長よりご挨拶


平成最後の年が明けました。本年もよろしくお願いいたします。
昨年は、全事研千葉大会というビッグイベントに参加することができ、得るものも多く、とても有意義な年でした。参加された皆さんにとっても、大きな収穫があったのではないでしょうか。
 さて、本年は我々の仕事にも影響するような大きな出来事が控えています。
5月の『元号の改元』と10月の『消費税率の引上げ』です。学校の中で総務や財務を与る我々としては、「気付きの目」を持って今一度学校の中を見渡し、それに備えてゆくことが大切なのではないでしょうか。
 世間では「働き方改革」や「業務改善」の波が押し寄せています。定型的な業務にはAIが導入され始めています。学校も然りです。AIの導入はまだ先の事かもしれませんが、導入されれば我々の職務ががらりと変わると言われています。
 これからも「働き方改革」や「業務改善」の流れは加速してゆくのではないのでしょうか。そんな中、自分の職務の基礎基本をしっかり身に着け、自分の「強み」と「弱み」を把握し、「強み」を伸ばし、「弱み」を「強み」に変えるよう研修を積んで行くことが大切です。  本年も連協では、皆さんの糧になるような研修を提供して行きたいと思います。

平成31年1月